「小型電気自動車(EV)」

2人乗り小型電気自動車(EV)が2020年初めにも制度を改正して、公道を走る日が実現されるようです。最高時速は60キロまで高齢者の移動手段や観光地での受給が見込まれるとありました。自動運転装置の車がどんどん改良されている中、いずれはこれも実現化するんでしょうね。運転免許はあるものの、5年ほど運転をしていない私にとっては夢のような話で、漫画で描いていた未来が近くになってきたようです。 でも、運転する人間のモラルなどが問われる「あおり運転」や、高齢者運転による事故も多いままです。地域による交通の便利性の格差もありますよね。 人に優しい未来と現実の両輪が、バランスよく動いてほしいなと思います。                          (高上)