中小企業の賃金制度と評価制度について執筆しました

中小企業経営研究会(https://www.kinchu.jp/)の月刊近代中小企業誌に『今こそ中小企業が構築すべき「賃金制度」と「評価制度」』のタイトルで執筆させていただきました。 是非近代中小企業誌も定期購読でご購入下さい!!

表紙をクリックしていただくと本文が見れます

「新しい日課」

人には得意、不得意分野がありますよね。私には苦手=不得意分野が多く、新たに教えていただく機会が増えています。ありがたいことです。 出来なくて自己嫌悪に落ちる日々ですが、最近は就寝前にその日に起こったうれしかった事、楽しかった事などを思い出して、1つだけでもノートに書くようにしています。 例えば、通勤電車でマタニティマークをつけてる人に座席を譲って、ありがとうと感謝されたとか、コンビニで新商品のデザートを食べて美味しかったとか、ほんの小さな出来事でも書くことで、その日を楽しい気分で眠りにつくことができます。 どうしても嫌なことや悪いことがあるとネガティブになりますが、良いこともあったじゃない!悪いことばかりじゃない!と良い意味で開き直って、翌朝は気持ちが前向きになっているので、不思議です。 日々新たに頑張ります。                         (高上)

「オールド・ヤング」

2019年11月12日

「オールド・ヤング」  令和元年、天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が11月10日さわやかな秋晴れの中開催されました。皇后さまも素敵な笑顔でしたね。 心療内科医の海原 純子さんは、「老年」には二つのタイプがあると語っています。 1、 年相応に中身も老いた「オールド・オールド」 2、 高齢であっても心が若々しい「オールド・ヤング」 その違いは何でしょうか? 「過去を振り返る時間」と「将来のことを考える時間」のどちらが多いか。 「人に教えている時間」と「自分が学んでいる時間」のどちらが多いか。 答えは、 未来を見つめ新たなことに挑み、学ぶ人なのかそうでない人の違いだそうです。 令和になって、心身ともに健康で、魅力的な「オールド・ヤング」を目指したいと思いますが、いかがでしょうか?                                      (高上)